子どものころに遊んだ歴代ふろく大集合! 「りぼん展」がスタート

    あの名作をもう一度

    「LOVE りぼん FUROKU 250万乙女集合! りぼんのふろく展」を開催

    米沢嘉博記念図書館 / Via meiji.ac.jp

    会場は明治大学米沢嘉博記念図書館で、入場無料。

    期間は2月18日から6月4日、毎週火曜日、水曜日、木曜日が休館日です。

    創刊以来、少女文化をリードし続けてきた「りぼん」

    1958年に創刊し、1994年には少女マンガ誌史上最高発行部数255万部を達成しました。現在でもその数字は破られていません。

    米沢嘉博記念図書館 / Via meiji.ac.jp

    人気の理由に「ふろく」がありました。

    そのため、歴代読者が夢中になった「ふろく」に注目し、展示内容が構成されています。

    ふろく原画の展示も

    米沢嘉博記念図書館 / Via meiji.ac.jp

    会場ではふろく1000点の他にも、ふろく原画35点を4期に分けて展示します。

    出展作家は池野恋、水沢めぐみ、柊あおい、吉住渉、さくらももこ、矢沢あい、高須賀由枝の7名です。