スカンクの臭いを体験してみる?「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛」展を開催

    \猛毒生物大集合/

    毒をもつ生き物が池袋に集結します。

    株式会社サンシャインシティ

    3月16日から6月25日まで「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛」(もうどく展2)が開催されます。

    会場はサンシャインシティ ワールドインポートマ-トビル 屋上で、料金は600円です。

    サンシャイン水族館の利用者及び年間パスポートを持っている人、対象施設利用者は400円で鑑賞できます。

    「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展」(もうどく展)がさらにパワーアップ

    昨日行った もう毒展かなり良かった! こんな可愛いのに毒レベルヤバイ子とか居ったし😗 このカエル🐸なんてこの子1匹で人間200人殺せるレベルとか書いてたからびっくりした!!

    2014年夏に開催された「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展」(もうどく展)には20万人が来場しました。

    今回は展示生物を一新し、25種類の毒を持つ生物を3つのコンセプトに分けて展示します。

    ・魔女の毒薬調合室~防御するための毒をもつ生物~
    ・マッドサイエンティストの研究室~毒を利活用する生物~
    ・レッドゾーン~死亡例のある生物~

    さらに今回は見るだけでなく五感で「毒」を感じられる内容になっているそうです。

    株式会社サンシャインシティ

    「魔女の毒薬調合室~防御するための毒をもつ生物~」では、暗く鬱蒼とした室内に、ヤスデやムカデなどをはじめ外見も毒々しい生き物たちを展示します。

    株式会社サンシャインシティ

    そして「マッドサイエンティストの研究室~毒を利活用する生物」では、毒ヒレや毒牙をもつ魚類や強毒のクラゲ、刺激臭を放つスカンクなど、毒を利活用する生物たちを集めています。

    ここでは3,000種類の香りを操る調香師が実際にスカンクの臭腺を嗅いで調香した「スカンクの分泌液の臭い」を体感できる仕掛けもあるそうです。

    株式会社サンシャインシティ

    さらに「レッドゾーン~死亡例のある生物~」では、食中毒の原因となるフグの仲間や触れるだけでも危険なイソギンチャク、毒針を持つエイなど、人を死に至らしめることもある危険な毒生物を展示します。

    毒々しいデザートや限定グッズも販売

    株式会社サンシャインシティ

    サンシャイン水族館本館内のカナロア カフェでは、見た目は毒々しいが解毒作用(デトックス作用)のある「デトックスヨーグルト」を販売。

    ショップ アクアポケットでは見た目が毒々しい「もうどく展2コラボレーションポップコーン」や、「もうどく展2オリジナルラバーキーホルダー」などの特別展関連グッズを販売します。