Googleカレンダーと同期する紙のカレンダー? 「Magic Calendar」がすごすぎ

    予定を共有するのが楽になる

    紙とスマホのいいとこ取りしたカレンダーがあったら?

    Getty Images

    紙のカレンダーは予定を手で書き込まなければなりませんが、一目で予定がわかります。

    一方、スマホのカレンダーは予定を管理するのには便利ですが、予定を確認するたびにアプリを立ち上げなければなりません。

    そんな、2つの良いところを合わせたカレンダーが登場しました。

    その名も「Magic Calendar」

    KOSHO TSUBOI DESIGN / Via android.com

    Googleカレンダーなどのスマホアプリと接続すると、家にかけてあるMagic Calendarと予定などが同期する仕組みです。

    https://www.android.com/object/vote/magic-calendar/
    https://www.android.com/object/vote/magic-calendar/
    KOSHO TSUBOI DESIGN / Via android.com

    この製品を開発した坪井浩尚さんはGoogleカレンダーの愛用者。スケジュールは奥様と共有しているそうです。

    そこでアプリを立ち上げて予定を確認するのではなく、「パッと見てすぐに確認できるプロダクトがあればいいな」と考えたことが開発のきっかけになったそうです。

    ▲メモパッド / KOSHO TSUBOI DESIGN / Via android.com

    一度見るだけで情報を共有できる紙のカレンダーのよさと情報を簡単に更新できるデジタルの強みを活かすことで、「アナログのものとデジタルのものの境界線がなくなっていくのではないか」と考えているそうです。

    ▲時間割表 / KOSHO TSUBOI DESIGN / Via android.com

    驚きや感動を

    この作品はAndroidスマホをさらに便利にするアイディアを集めた「Android Experiments OBJECT」でグランプリを受賞したもの。

    「紙が持つ手触りや質感に情報のることで、ある種の驚きや感動があるのではないか」と坪井さんは話します。