• Poll badge

女性から言うのはアリ? 「逆プロポーズ」に関する男性の反応

意外な結果に

大好きな彼と結婚したい、あなたならどうする?

Getty Images

ブライダルジュエリー専門店、銀座ダイヤモンドシライシが20歳〜39歳の既婚・未婚の男女500人を対象に『プロポーズ・結婚に関する意識調査』をしました。

その結果、77.2%の男性が、女性から男性への「逆プロポーズはアリ」と答えました。

プロポーズはシンプルに?それともドラマチックに?

Mediaphotos / Getty Images

既婚女性を対象にした「プロポーズに対して満足しているか」という質問に対し、 4割以上の女性が夫からのプロポーズに対して不満があると回答しました。

その理由としては1位「はっきりとしたプロポーズの言葉がなかった 」(58.8%)、 2位「ドラマチックなプロポーズをして欲しかった」(39.2%)などでした。

女性が憧れるプロポーズの言葉には「結婚してください」、「これから一緒に生きていこう」そして「ずっと一緒にいてくれませんか」がランクイン。

シンプルでわかりやすいものがいいのかも。

プロポーズしたいけど、いろんなことが不安…

Filadendron / Getty Images

既婚男性に対して行ったプロポーズに関する調査では、 45.4%がプロポーズに心残りがあると回答しました。

その理由には「心に残るようなプロポーズの言葉が思い浮かばなかった」(47.7%)、 「緊張してしまい上手く言えなかった」(31.8%)などでした。

そして、「なんて言葉で伝えればいいかわからない」(37.6%)、 「断られるかもしれないので不安」(24.0%)、 「相手にうまく伝わるかどうか不安」(19.2%)とも回答しており、男性はプロポーズの際に不安を抱えているようです。

あなたにとっての理想の夫婦は?

2016年「ダイヤモンドのようにキラキラ輝く夫婦ランキング」で堂々1位になったのはDAIGOさんと北川景子さん。

時事

さらに「"立て膝・箱パカ"プロポーズをして欲しい男性芸能人ランキング」ではディーン・フジオカさんが堂々1位になりました。

第2位は竹野内豊さん、第3位には西島秀俊さんがランクインしました。

次々と生まれる新しい結婚のカタチ

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で一躍注目の的となった「契約婚」。新しいカタチの結婚生活はこれだけではありません。

ただ一緒に暮らすだけの「共生婚」や週末だけ夫婦として過ごす「週末婚」など、近年多くの結婚生活が生まれています。

アンケート結果ではすべての女性が新しいカタチの結婚に対して「アリ」と答えました。

  1. 共生婚や契約婚そして週末婚。新しいカタチの結婚ってアリ?それともナシ?

    getty
エラーが発生しました
サーバーに障害が発生しました.
共生婚や契約婚そして週末婚。新しいカタチの結婚ってアリ?それともナシ?
  1.  
    投票結果 投票結果
    アリ
  2.  
    投票結果 投票結果
    ナシ