ボタン電池の誤飲で胃に穴があく、子どもが誤って口にしてしまったらどうすればいいの?

管理を徹底しましょう

内閣府が子どもの誤飲事故について警告しています。

誤飲事故とは、誤って危険なものを飲み込み窒息や中毒に陥ってしまう事故を指します。

安全と思われる家庭のなかでも、危険なものがたくさんあるそうです。例として、ボタン電池が挙げられています。

ボタン電池で起こる、化学やけど。

もし万が一、ボタン電池を誤飲してしまうと窒息を引き起こす危険のほか、食道や胃の内側が損傷してしまう可能性があります。

政府広報

液体類は中毒を起こす危険が。

子どもが誤飲してしまうのは、ボタン電池やおもちゃの部品などの固形物だけではありません。

たばこの吸い殻が入った水や洗剤などの液体類には、飲み込むと中毒を起こすものもあります。

誤飲を発見したらどうすればいいの?

日本中毒情報センターによると、「吐かせること」や「水、牛乳を飲ませること」は間違いではないものの、誤飲したものと相性が悪ければ、重症に陥る可能性が高まるそうです。

医療機関を受診する。

誤飲事故を警告した政府広報オンラインは、誤飲が発覚した場合は直ちに医療機関を受診するように促しています。

電話相談を利用する。

休日や夜間救急の場合は、全国共通短縮ダイアル(#8000)に電話をかけると小児救急電話相談に繋がります。

もし、通院することができなくても、小児科医師・看護師から子供の症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院などのアドバイスを受けられます。

子どもだけじゃない。

誤飲事故は子どもだけでなく、高齢者にも関わります。電池や洗剤などの危険なものは、整理整頓を通して管理を徹底しましょう。


Facebookページでも記事をお届け。

View this embed ›

















Check out more articles on BuzzFeed.com!

 
  リアクション
 
話題の記事