• odekake badge
Posted on 2020年8月7日

名古屋らしさを感じるならココへ!名古屋の定番観光スポット4選

東京と大阪の中間に位置し、独自の進化を続けてきた名古屋の街を語る上で外せない定番の観光スポットを紹介します。※お出かけの際は十分なご留意と感染対策にご配慮をお願いいたします

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

Akihiro Yamada / BuzzFeed

\紹介するのはここ/

【1】名古屋城本丸御殿

【2】徳川美術館・徳川園・蓬左文庫

【3】名古屋港水族館

【4】大須観音

歴史もレジャーも魅力たっぷり

Akihiro Yamada / BuzzFeed

東京のスマートさとも、大阪のにぎやかさとも一線を画す、独自の進化を遂げてきた名古屋文化。歴史探訪あり、レジャーあり。名古屋らしさを感じられる定番の観光スポットを紹介します。

【1】近代城郭御殿の最高傑作「名古屋城本丸御殿

Akihiro Yamada / BuzzFeed

尾張徳川家の基盤として慶長17(1612)年に建設された名古屋城天守。

天守に隣接する形で、藩主の住まい・政庁としてその3年後に完成したのが本丸御殿とされています。

戦時中の空襲で天守閣とともに焼失したものの、2009年から復元工事を開始。2018年より完成公開となりました。

現在のところ天守閣は閉鎖中。ということで、今回はこの本丸御殿にお邪魔します!

チケットを購入していざ城内へ

Akihiro Yamada / BuzzFeed

正門にてチケットを購入して城内へと歩みを進めます。なお、現在のところ天守閣は閉館中です。

まずは玄関

Akihiro Yamada / BuzzFeed

正規の来客が通される部屋である玄関へ。金があちこちに施され、狩野派の絵画が描かれているこの時点で、既に豪華なのがよく分かりますね。

現在でいう「応接室」がこちら

Akihiro Yamada / BuzzFeed

藩主が正式な謁見の場に利用していたのが、こちら表書院。花鳥やジャコウネコなどが描かれています。一段高くなっている方が「上段之間」で、初代藩主・徳川義直が着座した部屋。

身内との対面に使われた部屋になされた配慮

Akihiro Yamada / BuzzFeed

藩主が身内や家臣との私的な対面に利用したのが「対面所」。上段之間の壁面には京都の風景が、次之間は義直の正室・春姫が生まれ育った紀伊(和歌山)の景色が描かれています。

天井にもご注目あれ!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

黒漆塗りに金箔が貼られた天井にバージョンアップ。これから先に続く部屋は、もっとゴージャスになりますよ。

ここからは徳川将軍のために作られた空間

Akihiro Yamada / BuzzFeed

寛永11(1634)年、第3代将軍・徳川家光が京都に上洛する機会に合わせて増築されたのがこの「上洛殿」。豪華絢爛・当時の最高の美術家たちによって手掛けられた空間です。まずは三之間から。

将軍の威光「映え」を計算して作られています

Akihiro Yamada / BuzzFeed

一之間から上段之間を覗くとこんな感じ。下手に坐す者にとって、上段之間がより豪華に見えるように、襖絵、彫刻欄間、飾り金具などのあらゆる装飾は一之間側が豪華に作られています。

上洛殿上段之間

Akihiro Yamada / BuzzFeed

黒漆塗りで二重に折りあげられた蒔絵付き格天井。一枚ずつ異なる絵が描かれています。狩野探幽によって描かれた「帝鑑図」「雪中梅竹鳥図」は白眉。最も格式の高いお部屋にして、たった2回しか使われなかったとのこと。

そうだ、まだやりかけの未来がある

Akihiro Yamada / BuzzFeed

ご覧の通り、天井には絵を差し込むスペースがまだまだあるのです。足掛け何年かけて埋めていくのでしょうか。この空白は未来に向けた伸びしろ。先細りが叫ばれて久しい職人技術の伝承にもつながっています。

ミュージアムショップも必見!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

天守閣のそばには、ミュージアムショップも。本丸御殿のすべてが詰まったガイドブック(800円・税込)も販売中。

歴史さんぽと甘味も楽しめます

Akihiro Yamada / BuzzFeed

少し歩けば、石垣づくりの名手とされた加藤清正公の名が付いた「清正石」を発見。このでかい石をどうやって運んだのでしょうか?

また、二之丸庭園は季節ごとに異なる表情を見せてくれます。お菓子がつく抹茶セット(550円・税込)でホッとひと息もいいですね。

スポット情報はこちら👇

名古屋城本丸御殿

住所:愛知県名古屋市中区本丸1-1

アクセス:地下鉄名城線 「市役所」 駅7番出口より徒歩5分

営業時間 :09:00〜16:30(本丸御殿への最終入場16:00)

ただし、夏季は09:00〜17:30(本丸御殿への最終入場17:00)

料金:大人・高校生500円、中学生以下無料

駐車場:431台(180円/30分、08:45〜21:45)

名古屋の口コミ高評価の宿はこちら👈

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【2】尾張徳川家の歴史をひも解く「徳川美術館・徳川園・蓬左文庫

Akihiro Yamada / BuzzFeed

名古屋駅からJR大曽根駅南口より徒歩10分ほど。尾張徳川家の邸宅遺構として有名な黒門をくぐると…

まずは「徳川美術館」に入ります!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

尾張徳川家の栄華と当時の暮らしぶりを垣間見ることができる美術館。所蔵品の数は1万件以上あり。

大名の生活を紐とく学びの時

Akihiro Yamada / BuzzFeed

主に展示されているのは、いわゆる「大名道具」。初代将軍・徳川家康のコレクションから、初代尾張藩主・徳川義直以下代々の生活に関わってきたアイテムまで多岐にわたります。

テーマごとに6つの名品コレクション展示室があり、当時の大名の生活の様子を学ぶことができます。

葵紋と豪華な具足飾りがお出迎え

Akihiro Yamada / BuzzFeed

徳川家が正月11日に飾っていたとされる具足飾り。1年の武運を祈るために行われた、武家にとっての年中行事の1つです。年の始めを告げるという意味では、門松みたいな存在のようなものでした。

展示物1つ1つが、いわゆるブランドもの。

徳川美術館

天下統一を成し遂げた後、およそ250年にわたる安寧を築いた徳川幕府。

多くの刀剣は平安・鎌倉時代の名工の作品、いわゆる当時の「ブランドもの」で、戦うためというより、武士の精神の象徴の意味合いが強かったとされています。

また、主君と家臣、主従の結び付きを確認するための贈答品でもありました。

どどーんっ!屋内に茶室が登場

Akihiro Yamada / BuzzFeed

第2展示室では、江戸時代における日本三大茶席の一つとされる「猿面の茶室」を再現!武家の公式行事かつ外交手段としても用いられた「茶の湯文化」を詳しく紹介しています。

尾張藩の実務を担った広間を再現

Akihiro Yamada / BuzzFeed

第3展示室では、名古屋城二之丸御殿にあった広間(公式行事の接待所)と鎖の間(休憩所)を再現。御三家筆頭として栄華を極めた時代の大名たちの働きぶりに注目です。

あなたも必ず驚愕する、第4展示室へ

Akihiro Yamada / BuzzFeed

第4展示室のテーマは「武家の式楽」。名古屋城二之丸御殿内の御広間前にあった表能舞台を大胆にもそのまま再現!(さっきの茶室よりもビッグスケールです!)

総ヒノキづくりで能装束や能面・狂言面を展示しています。

葵紋は将棋盤にまで。

Akihiro Yamada / BuzzFeed

紀伊・水戸と併せた御三家の中でも筆頭家格であった尾張徳川家。雅で充実した生活ぶりが見て取れる展示品が随所に。

いつ来ても、新しい出会いがある美術館。

徳川美術館

こちらは、19世紀に使用されていた「葵紋散蒔絵調度(あおいもんちらしまきえちょうど)」。コレクション数が圧倒的ゆえ、展示品は定期的にローテーションされます。いつ訪れても新たな出会いがあるはずで、リピーターが多いのもこの美術館の特徴。

古典書籍のストック多数!「蓬左(ほうさ)文庫」も同時に見学

Akihiro Yamada / BuzzFeed

尾張徳川家の旧蔵書を引き継いだ「蓬左文庫」。歴代藩主が収集した書物が多く集まった、まさに「古典書籍の宝庫」です。入場券は徳川美術館と共通なので、そのままさらっと中へ入りましょう。

季節に合わせて展示テーマを変えており、取材当時は「怪々奇々-鬼・妖怪・化け物…-」という企画展をやっていました。(おばけ好きとしてはたまらない!笑)

おとなり、総面積2.3ヘクタールの巨大庭園「徳川園」へ

Akihiro Yamada / BuzzFeed

美術館を出て、隣接する徳川園へやってきました。尾張藩二代藩主・徳川光友のかつての隠居所が、時を経て庭園として開放されています。

日光浴&森林浴さんぽでマイナスイオン浴びまくり

Akihiro Yamada / BuzzFeed

池泉回遊式の日本庭園をじっくりと歩いてみました。歴代藩主が眺めた景色の壮大さからしても、その影響力の強さを感じずにはいられませんでした。

3スポットまとめて入場できる共通券がオトク!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

今回は3スポットまとめて入場できる共通券を購入しました。大人1550円、高校生・大学生850円、小・中学生500円(小・中学生は毎週土曜日は無料!)です。

スポット情報はこちら👇

徳川美術館・徳川園・蓬左文庫

住所:愛知県名古屋市東区徳川町

アクセス:JR中央本線「大曽根」駅南口より徒歩10分

営業時間:徳川美術館10:00〜17:00(最終入館16:30)、蓬左文庫09:30〜17:00、徳川園09:30〜17:30(最終入園17:00)

料金(徳川美術館・徳川園・蓬左文庫の共通観覧料):一般1550円、高校生・大学生850円、小・中学生500円

駐車場:無料駐車場17台、有料市営駐車場82台(120円/30分)

名古屋の口コミ高評価の宿はこちら👈

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【3】海と錯覚する!?圧巻の巨大水槽を楽しむ「名古屋港水族館

Akihiro Yamada / BuzzFeed

名古屋の南、名古屋港ガーデンふ頭にあるのは、500種5万匹を展示する国内最大級の名古屋港水族館。

チケットは事前予約・購入が必要です!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

来館1週間前からの予約が可能です。インターネットで事前に購入すれば、並ぶことなく入館できますね。

いよいよ館内へ

Akihiro Yamada / BuzzFeed

入り口では、検温をして、手指と足元を消毒。マスクも着用していざ館内へ。

のびのびと泳ぐ姿が印象的

Akihiro Yamada / BuzzFeed

北館を入るとすぐ、大きなシャチとイルカがお出迎えしてくれます。イルカが逆さまなのは、水槽の中で大きく円を描きながら泳いでいるからだそう。目を閉じてリラックス…気持ちよさそう!

キュートな癒し系

Akihiro Yamada / BuzzFeed

ベルーガ(別名シロイルカ)の姿も。メロンと呼ばれる脂肪が入った頭がプクプクで、愛らしい表情がたまらない!

圧巻のイルカパフォーマンスは瞬きせずに見ましょう

Akihiro Yamada / BuzzFeed

北館3階には、3000人収容できる国内最大のメインプールがあり、イルカのパフォーマンスを楽しめます。

シャチさん、おつかれさまです!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

隣では、シャチの公開トレーニングも!

2フロアにまたがる超巨大プール

Akihiro Yamada / BuzzFeed

このイルカのパフォーマンスは、2フロアにまたがって上からも下からも楽しめるのがポイント。ジャンプする時の疾走感などが見たい人には、2階の水中観覧席がおすすめ!

日々の努力を垣間見る1ショット

Akihiro Yamada / BuzzFeed

こちら、ベルーガの日常のトレーニング風景です。表情だけでなく、「キィーキィー」という鳴き声もかわいい!

進化をたどる学びポイントに立ち寄り

Akihiro Yamada / BuzzFeed

北館には、進化の海を表現したスペースも。5300万年前のクジラの祖先の化石レプリカに加え、シャチやベルーガなどの骨格標本を目の当たりにできます。

南館のスタートは「黒潮大水槽」から

Akihiro Yamada / BuzzFeed

名古屋港に展示されている「南極観測船ふじ」が辿った航路を旅していくイメージで構成されています。最初に出会うのは、キラキラした銀色のマイワシの大群です。迫力満点!

Welcome to 深海の世界

Akihiro Yamada / BuzzFeed

深海ギャラリーでは、世界最大の節足動物であるタカアシガニをはじめ、ダイオウグソクムシなど深海生物が暮らす世界を堪能できます。

深海から一転、色鮮やかなサンゴ礁の世界へ

Akihiro Yamada / BuzzFeed

続いて、色鮮やかな魚やサンゴたちがお出迎え。生きたサンゴを楽しめる「ライブコーラル水槽」は、幻想的な空間が広がっていて、思わず見入ってしまいます。

光が差し込む海のトンネルを通れば

Akihiro Yamada / BuzzFeed

このサンゴ礁大水槽の魅力の1つが、魚たちを下から見上げるトンネル!

最後の最後まで見どころたっぷり!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

産卵できる人工砂浜もあるなど、研究に力を入れているウミガメも必見!オーストラリアの水辺や、南極やその周辺に生息するペンギンたちに出会える水槽など、見どころはまだまだ続きます。

ちょくちょく休憩をはさみましょう

Akihiro Yamada / BuzzFeed, 名古屋港水族館

スムーズに巡っても、2時間はかかるでしょうか。疲れたら、所々にある観覧席や、名物の「シャークステーキ」(1580円・税込)が味わえるレストランで休憩を。そして、ミュージアムショップで、お気に入りの生き物の記念品を見つけてみるのもいいですね。

名古屋港水族館の広報・佐藤さんのコメント

「お客様にお願いするとともに、スタッフも検温や消毒を徹底。館内の消毒も定期的にやっています。ソーシャルディスタンスを保つため、夏の間はイルカパフォーマンスを1回10分間に短縮。その分、1日あたりのパフォーマンスの実施回数を増やしています。ぜひ、生き物を見て癒されていただければと思います」

スポット情報はこちら👇

名古屋港水族館

住所:愛知県名古屋市港区港町1番3号

アクセス:地下鉄名港線「名古屋港」駅3番出口より徒歩5分

営業時間 :09:30〜17:30、夏休み期間中は09:30〜20:00(08:30〜の場合もあり)

料金:大人・高校生2030円、小・中学生1010円、幼児(4歳以上)500円

駐車場:1200台(100円/30分、24時間ごと上限額1000円)

名古屋の口コミ高評価の宿はこちら👈

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

【4】名古屋の下町エリアの心の拠り所「大須観音

Akihiro Yamada / BuzzFeed

名古屋駅から10分ほど。いつの日も昔ながらの下町風情を感じさせる大須エリア。この地で慶長17(1612)年から、一般大衆の心の拠り所であり続けるのが「大須観音」です。

地下鉄利用の場合は西門から

Akihiro Yamada / BuzzFeed

地下鉄鶴舞線・大須観音駅2番出口から歩いてすぐ。コンビニが目印。

日本三大観音の1つに数えられる名刹

Akihiro Yamada / BuzzFeed

真言宗智山派の別格本山である大須観音。正式名称は「北野山真福寺 寶生院」というそうです。東京の浅草寺、三重の津観音とともに、日本三大観音の一つとされるお寺です。

シンプルな西門と対比をなす質実剛健さ

Akihiro Yamada / BuzzFeed

こちらは「仁王門」。本堂へ参拝する時は仁王門をくぐって参拝しましょう。左右に安置された仁王像は、悪い物から身を守る存在として、睨みを効かせています。

中央の階段を登り、お参りします

Akihiro Yamada / BuzzFeed

名古屋の街中にありながら、凛とした静かな空気に包まれています。

深い慈悲の心があふれる本堂内へ

Akihiro Yamada / BuzzFeed

本尊・聖観音を祀るのが本堂『大悲殿』。衆生の苦しみを救おうとする仏や菩薩の広大な慈悲の心を意味し、「観音菩薩の別名」とのこと。

なお、仏様の撮影はNGでしたが、とても安らかなお顔をされていました。

女性の力を結集して建立された鐘楼堂

Akihiro Yamada / BuzzFeed

昭和41(1966)年、「子どもたちの成長」を願う地元の女性たちが寄進することで力を合わせて、完成まで導かれたのがこの鐘楼堂。別名「女人梵鐘」。

御守り類もバリエーション豊富!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

左から「えんむすび守」(500円)、「大須観音心経守」(500円)、「幸福を呼ぶ鳩鈴」(700円)、「合格祈願御守」(700円)。

正式名称にもある「北野山」は、菅原道真が祀られた北野天満宮の流れを汲むということで、合格祈願スポットとしても受験生に人気です。

開運を願って…!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

昔から変わらず存在感を放つのがこの心経守。中に般若心経が書かれていて、心願成就や開運・厄除のパワーを秘めています。

御朱印集めがお好きな方も

Akihiro Yamada / BuzzFeed

本尊・大悲殿の御朱印がこちら。志納料は300円。

ディープタウンへの入口は目と鼻の先!

Akihiro Yamada / BuzzFeed

江戸から続く寺院の門前町として発展してきた、名古屋で最も規模の大きい商店街。東西南北に8つの通りで構成され、ファッション・飲食店・食べ歩きグルメ・家電・サブカルなどなど、楽しみ方の幅は無限大。

スポット情報はこちら👇

大須観音

住所: 愛知県名古屋市中区大須2-21-47

アクセス:地下鉄鶴舞線「大須観音」駅2番出口よりすぐ

拝観時間 :06:00〜19:00(本堂)09:00〜17:00(寺務所)

料金:なし

駐車場:なし

名古屋の口コミ高評価の宿はこちら👈

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。