• femtechjp badge
  • bf4girls badge
  • sustainablejp badge
Updated on 2019年10月10日. Posted on 2019年10月8日

話題の「生理用パンツ」はナプキンもタンポンもいらなかった。1年間はいてみてわかったこと

ナプキンで肌がかぶれる、タンポンを使うのが怖い、布ナプキンを使ったことがあるけどモゴモゴする、環境に優しい商品を使いたい、楽に生理期間を過ごしたい、などなど生理がくるすべての人におすすめします!

皆さんは生理用品どんなものを使っていますか?

ナプキン・タンポン・布ナプキンから最近は月経カップもありますが、私はThinx(シンクス)という生理用パンツを使っています!

Thinxを使い始めて1年ほど経ちましたが、生理中なのに快適な時間を過ごせるという贅沢を知ってしまったので、みんなにもその贅沢を分けたく、この記事を書くことにしました!

Thinxって?

Akari Terrell / BuzzFeed

私がThinxを使用し始める前は、使い捨てナプキン👉タンポン👉布ナプキンの順番で使っていました。布ナプキンは布素材のナプキンで(写真)、使い捨てナプキンと同じように使用しますが、洗って繰り返し使うことができます。

布ナプキンを愛用していた理由は下記の3つです!

1. ナプキンは肌がかぶれる

2. タンポンは経血量が少ないと使いづらい

3. 環境に優しい

ただ、布ナプキンは少し分厚く、着る服によっては布ナプキンのラインが見えないか、心配になることがありました。ボタンで固定しているだけなので、動き回る私にとってはズレてしまうことも不安要素でした。

普段から下着のラインを気にしてTバックをはいているくらいなので、生理中に普通の下着をはいてさらに布ナプキンをするのは少し憂鬱でした。

そんな悩みを解決してくれたのがThinxだったんです!

生理中でもTバックがはける

生理が始まるかな?って頃から準備ができる

Akari Terrell / BuzzFeed

私は生理が始まる予定日の前日くらいからThongをはくことがあります。

月経周期が安定していても、体調などに影響されて「今日来そう......!」と感じることってありませんか? 少しでも不安に思った日は普通のパンツを血まみれにしないためにもThinxを使っちゃいます!

もちろん、せっかくはいたのに「今日は生理来なかった...」という日もありますが、その場合は何も気にせず他の下着と一緒に洗濯機で洗うことができます。(漂白剤や柔軟剤は使わないでね!)

昔は生理が来そうな時はナプキンを予定日より早めに使い、結局生理が来ずに無駄にしたこともあったのですが、Thinxなら大切な資源を無駄にすることはありません!

血の出る加減を意識するようになる

最強なやつは「タンポン4本分」

生理中に動き回っても大丈夫!

もっと激しい運動がしたい人も大丈夫!

お手入れは思ったより簡単

Thinxのお手入れはそこまで難しくありません。

血をたくさん吸収したThinxは、脱いだらすぐにお風呂場で血を洗い流しています。「毎回洗うのめんどくさい!」と思っていましたが、お風呂に入るついでに洗ってしまえばいいので習慣化してしまえば慣れます。

量が多い時などは一晩水につけたりもするので、お風呂場に血のにおいが充満することがあります。想像以上にThinxが血を吸収していて、「殺人現場ってこんな感じかな」と思うこともありますが、めげずに洗います。一緒に住んでいる方がびっくりしないよう、一言伝えてあげると親切です。

血を流したThinxは他の下着と一緒にネットに入れて洗濯機で洗うだけ!漂白剤や柔軟剤を使わなければ、いつも通りに洗って問題ありません。洗った後は、乾燥機は使わないで干してくださいね。

自分の血がついた下着を洗うことで、何日目に量が多くなるのかなどもわかるようになるので、自分の体を知ることができます。経血の量によってどのパンツをはけばいいのかもわかってくるので、是非意識してみてください!

オーガニックコットンのThinxもあるよ!

生理中も可愛い下着がはける

ゴミが出ないので環境に優しい

Thinxのブランドに共感できる

今は英語のサイトしかありませんが、日本にも発送してくれるので興味を持った方はこちらから是非試してみてください!だいたい一着につき、2500〜4500円ほどで購入でき、まとめて購入すると安くなることもあります。

私の個人の使い方ですが、みんなも自分の体を知って、自分に合う生理用品の使い方を見つけてね!

🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️

昨日も、きょうも、これからも。ずっと付き合う「からだ」のことだから、みんなで悩みを分け合えたら、毎日がもっと楽しくなるかもしれない。明日もがんばる私たちへ。

BuzzFeed Japanでは性や健康について考え、「男らしさ」や「女らしさ」を超えて、自分らしく生きる人を応援するコンテンツを届けていきます。

10月1日から10月11日の国際ガールズ・デー(International Day of the Girl Child)まで、こちらのページで特集を実施します。