• knowmorecancer badge
  • corkfeed badge

彼女は“がん”を宣告されても笑顔で働き続けた「看護師が私の生きがいなんです」

「看護師として働くこと」それが彼女の生きる支えだった。

「ガンになったけど、わたし働きたいんです」 彼女と共にあゆむ「わたし」の物語

「ガンになったけど、わたし働きたいんです」 彼女と共にあゆむ「わたし」の物語①

そんなコメントとともにTwitterに投稿された、ある医療漫画が話題になっています。

舞台はとある病院。定年をひかえた看護部長の視点から物語は進みます。

こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou

「今まで通り仕事させてください」

がんであることが発覚した彼女が放ったのは、意外な言葉でした。

「看護師が私の生きがいなんです」

こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou

治療を行いながら精力的に仕事を続ける彼女。

しかし治療の効果はなく、容態はみるみるうちに悪化していきます。

こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou

治療を開始してから5ヶ月後、ついに彼女は入院することに。

医師からはここ2週間がヤマ場ではないかと言われていました。

こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou

医師に「外出するのは危険だ」と言われるくらいまで容態が悪化してしまった彼女。

「おいっこたちとディズニーランドに行く」それだけを希望にがんと闘ってきましたが…。

こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou

看護師を長年やってきたからこそわかる、死の近づき。

せめて最後は、愛猫に会わせてあげたい。無理を承知で預かっていた猫とともに彼女の元へ向かいました。

こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou

「あなたは最後の最後まで看護師よ」

こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou
こしのりょう / Via Twitter: @koshinoryou

作者は漫画家のこしのりょうさん。医療漫画を中心に、『Ns’あおい』など多くの作品を手がけてきました。

最後の最後まで“看護師”という自分の仕事を全うした彼女。その姿に読者からは「声を出して泣いてしまいました」「素敵な作品をありがとうございます」など多くのコメントが寄せられました。

作者であるこしのりょうさんはBuzzFeed Japanの取材にこう答えます。

――「泣いてしまいました」など漫画の読者から多くの反響が寄せられたことについて、どのように感じていますか?

この作品『はなうた』は現場のナースの方々を取材し描いています。

取材し、お話しを聞きながら泣いて、ネーム作りながらまた泣いて。

取材させていただいた方の「思い」が多くの方に伝わって、良かったなぁと思います。

――こちらの漫画はどのような背景から描かれたのでしょうか。

看護師専門誌で季刊で連載をしていて、いつもは8ページの短編なのですが、

「このお話しは8ページではおさまらない」と思い32ページにしました。

主人公お二人のお話しを「描ききりたい」思いが強かったです。

――こちらは電子書籍『やっぱりナースの仕事きらいじゃないし、ときどきはなうた歌うし。』に収録されている作品の1つだということですが、Twitter上で公開するに至った経緯をぜひ教えてください。

平野啓一郎さんが『カッコいいとは何か』を出版されると聞いて自分なりの「カッコいいって何だろ?」と考えていました。

そこで浮かんだのがこの作品でした。

『はなうた』シリーズに出てくる看護師さんはみんな私にとって「カッコいい」のですが、その「カッコいい」が読んでくださる方に一番伝わりやすいのはこの作品かなぁと。

――『Ns’あおい』などの有名作品を世に送り出してきたこしのさんですが、紙ベースで読者に漫画を届けるのと、Twitter上に漫画をアップするのではどのような違いがありましたか?

今回のように多くの方に読んでいただけるのはツイッターかなぁと。

これだけ多くの漫画が出ていて、「出版」はされても、なかなか読者に届かないなぁと近年特に感じていますし、届かないと意味が無いしなぁと。

ツイッターは「思い」が伝わりやすいし、広がりやすい。漫画家にとってなくてならないメディアだと思います。

積極的に、ツイッターなどSNSは使っていますが、まだまだ「届け方」が今イチなので勉強中です。

――今後、描きたいテーマなどがあれば、ぜひ教えてください。

ずっと「医療」は描いてきていますが、まだまだ描き切れていないということも実感しています。

医療は「生き方」とか「幸せ」など人生の在り方に直面するテーマ。「考え続ける事」に尽きることはないので、描き続けていけると思ってます。

医療は常に進歩しているので私も、負けないように「新しい医療漫画」に取り組みたいと思っています。

看護師が主人公の医療漫画シリーズ『はなうた』はこしのさんのTwitterで定期的にアップされる予定です。気になった方はこちらからチェックしてみてくださいね。

はじめフォローしていただいた皆様 看護師さん主役の医療漫画「はなうた」は定期的にアップしていきます。 これはちょっと前のもの こちらもよろしければ。^_^ https://t.co/F2h3gpO7oH