この素敵さで770円なの…?喫茶店風の「レトログラス」がかわいすぎて胸が苦しい

    昭和の時代に親しまれた老舗食器ブランド「アデリア」。現代版にリメイクされた「アデリア レトロ」のグラスがすごくかわいいんです!

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    私ごとで恐縮なのですが、めちゃくちゃかわいいグラスをゲットしたので自慢してもいいでしょうか…。

    Aina Maruyama / BuzzFeed

    「アデリア レトロ」のグラスたちです。このレトロ感、たまらなくないですか??

    Amazonで偶然見つけて、あまりの可愛さに速攻ポチってしまいました。

    「ADERIA(アデリア)」は1936年に誕生した食器ブランドで、昭和時代から多くの家庭で親しまれてきました。そんなアデリアのグラスを現代版にリメイクしたのがこの「アデリアレトロ」なんです!

    丸みを帯びたフォルムといい、お花の柄といい…何度見てもうっとりするかわいさです。普通のお水なのにすごく映えてる。

    Aina Maruyama / BuzzFeed

    こちらは「台付きグラス」。容量は335mlで、770円です。柄は「野ばな」を選びました。

    このグラスでアイスフロートを飲んでいるときが至福の時間なんです…!自宅で喫茶店の気分を味わえますよ。

    Aina Maruyama / BuzzFeed

    広報さんにオススメポイントを聞いたところ、

    「昭和当時のデザインを元に、細部までこだわりました。

    単なる復刻ではなく、現代の生活でも使いやすいことを考えた形状にし、また自社工場で徹底した品質管理によって作られていますので、安心してお使い頂けます」

    「丸みのある台座はかわいらしいだけでなく、安定感も考慮した形です。氷やドリンクがたっぷり入るサイズで、フロートやパフェなどにもぴったりです」とのことでした!

    これは水分が欲しい時に便利な中コップ。容量は200mlで、770円です。

    Aina Maruyama / BuzzFeed

    柄は「アリス」です。

    広報さんにオススメポイントを聞いたところ、「麦茶やジュースなど、何にでも使えるスタンダードなコップ。口部強化を施しているので、毎日使うのにも安心です。ずっと使い続けられるよう、オーソドックスなサイズ・形・機能を考慮しました」とのことでした!

    ちなみに、お菓子や小物を入れるのに便利なキャニスターもあります。値段は770円。

    Aina Maruyama / BuzzFeed

    昭和の家庭で「ボンボン入れ」と呼ばれて親しまれていたガラスの卓上保存容器。ぷくっとした形にシルバーのフタがレトロでかわいい…!

    柄は左から「花まわし」「花ざかり」です。

    広報さんいわく、「ボンボンとは、一口サイズのチョコレートやキャンディーのこと。お菓子や小物などの保存にピッタリです。しっかりと封が出来る様に、フタはブリキ製を採用しています」とのことでした!

    口が広く開いているので、「ジャースイーツ」を作るのもアリ!

    アデリアレトロの商品って、箱もめちゃくちゃかわいいんですよ。もったいなくて捨てられないので部屋に飾っています。

    Aina Maruyama / BuzzFeed

    同封されていたしおりもレトロ風。細かいところまでこだわってるなあ…。

    Aina Maruyama / BuzzFeed

    かわいいグラスがあるだけで、お家にいる時間がとっても楽しくなりますよ〜!値段もお手頃なのですごくオススメです。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。