1分でわかる!家のカギをなくした時に絶対最初にするべきことを教えます。

    鍵ってなんで?どこ行ったの?という勢いで、謎に失くすことありますよね?私は本当に急になくしました。ディンプルキーのタイプで合鍵を作りに行く前にまずやるべきことを、実体験から語ります。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    昨日、家のカギをなくしました。

    いらすとや

    カギに凹みが付いている、ピッキングなどを防ぐために有効といわれている鍵のタイプ。ディンプルキーって呼ばれているやつ。突如として、いきなりなくしました。

    その時点で家には、私以外の家族が所有しているカギ1本しかない。

    つまり、我が家には1つの鍵だけがある状態。

    スペアのキーも無い。これは非常にまずい。これでは色々と不都合が多すぎる。

    残りの1本を使って合鍵を作りに行こう!

    いらすとや

    筆者は急いだ。とにかく、走って鍵屋に行った。最近ではディンプルキーでも合鍵を作れるお店が増えていると聞いたから。

    そうそう、こういう普通のギザギザしているタイプは結構すぐ、合鍵作れますよね。

    いらすとや

    このタイプの鍵の方は最後まで読み飛ばしてください。最後になくす前にやると役立つ最高の情報を書いておきました。

    ーー鍵屋さんについた。

    いらすとや

    筆者「この鍵の合鍵を作ってください」

    鍵屋「このタイプはメーカーに頼まないとすぐには無理。2〜3週間はかかります」

    いらすとや

    いくつかのお店を回ったけど、どこでも同じことを言われた。価格は4000円から5000円くらいが相場の模様。

    筆者の心の声「えっ3週間?そんな…普通に無理じゃん、そんな…まじで…本当に…?え…どうにもならないの?うそ…」

    いらすとや

    完全に困った。

    失意の中、自宅で賃貸契約書を探した

    いらすとや

    何かがあったらここにかけろという電話番号を発見した。そりゃもうすぐかけた。

    筆者「カギをなくしました。どうにかならないでしょうか?」

    いらすとや

    管理会社の人「確認したら、弊社にスペアがあります」

    いらすとや

    筆者「え!じゃあ、今日行ったら受け取れますか?」

    いらすとや

    管理会社の人「可能です。郵送も大丈夫です」

    いらすとや

    管理会社さんによって違うだろうけど、筆者が住んでいる家の場合、可能だった。なんてこった。

    そう、絶対最初にすべきことは…

    BuzzFeed

    焦ってやらなかったりするけど、マジでこれ。スペアがあっても、カギを失くしたら申告義務あったりするし、場合によってはシリンダーごと交換とかも提案してくれる。とにかく電話だ!

    というわけで、今私の手元にはカギがある!すごい!

    BuzzFeed

    絶対失くさないようにしなきゃ…!やったーやったー!

    喜んでいたら、同僚がこんなものを教えてくれた。

    BuzzFeed

    なんだ…?これは…?

    鍵や財布、カバン、パスケースなど、何にでも取り付けられる落とし物防止のタグとのこと

    BuzzFeed

    むっちゃ薄いし…

    スマホと比べてもけっこう小さい

    BuzzFeed

    例えば、カギにつけて検知範囲内にあれば音が鳴らせるらしい

    amzn.to

    スマホに専用アプリ入れておけば、家の中でどこ行ったかな〜みたいな時に使えるし…

    このタグとアプリが最後に通信した場所を記憶してくれる!

    amzn.to

    だから、だいたいの見当をつけて探しにいくこともできる!

    iPhoneの機能にある「iPhoneを探す」を鍵とか定期入れとかあらゆるものでできるってことみたい!

    マジかよー。ハイテクな今どきはこんなものあったのかよ〜〜〜〜〜

    もう私はカギにつけたから、まじ安心。

    BuzzFeed

    失くす前の予防対策って考えたら、これ…絶対安すぎ。

    よくものを失くす私は、身の回りの大事なもの全部にこの「Tile Mate」つけておこうと心に誓いました。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。