ニジマス「俺って外来種らしい」 LINEがくる解説板が話題

「俺って外来種らしいんだけど知ってた?」

北海道北見市にある「北の大地の水族館(山の水族館)」の解説板が、LINE風でユニークだと話題を呼んでいます。

解説板は「四季の水槽」脇に設置されたもの。「俺って外来種らしいんだけど知ってた?」とニジマスからLINEが来たという設定で、「wwww」など軽いノリで自らの生態をはなすニジマスに「わかりやすい」と評判が集まりました。

1万5000リツイートを超えたこの解説板。制作を担当した副館長の山内創さん(28)に裏話を聞いてみました。

こちらが解説板の全文。アメリカから日本にやってきた外来種であるニジマス。絶滅危機に瀕しているイトウとの競合が懸念されています。その事実を笑いを取りながら伝えるパネル。実は聞き手が、ニジマスが捕食するヤマメであった、というオチです。 北の大地の水族館

——いつ頃から展示をはじめたのでしょうか。

2週間前です。Twitterで話題になっていることは、今日気がつきました。とても驚いています。

——思いついたきっかけは。

リニューアルに関わった水族館プロデューサーの中村元さんから、「水族館の解説板は9割方読まれてない」と教わりました。なのでとにかく目を引いて、読んでもらいたいと考えたことがきっかけです。

北の大地の水族館のピラニア水槽。解説板をあえて水槽上部に設置している。 北の大地の水族館

ここは小さい水族館です。5分程度で回れてしまうので、少しでも長く楽しんでもらいたいという思いもありました。

——自由な表現に話題が集まっていますが、他にユニークな取り組みはありますか?

看板でも紹介した、イトウがニジマスを食べる様子を見られる「いただきますLIVE」というイベントを定期的に開催しています。生きた魚が、生きた魚を食べるダイナミックさが売りです。「命をいただいている」ことが体感できるイベントになっています。

ニジマスを食べるイトウ。大迫力の「いただきますライブ」から。 北の大地の水族館

——解説板について、来客者の反応は?

若い方を中心に笑いながら読んでいただけているので、好評を頂いている実感があります。たくさんの方に読んでもらえて、とても嬉しいです。


北の大地の水族館のスタッフ紹介コーナー。右がLINE風看板を作った山内創さん。いっイケメンだ! 北の大地の水族館

Follow us on Facebook!

View this embed ›









Check out more articles on BuzzFeed.com!

バズフィード・ジャパン スタッフライター
 
  リアクション
 

投稿

今話題