BuzzFeed Tasty

広告

安倍首相による東京・中野での応援演説、政権への賛否で一部で衝突も 何が起きたか

演説会場はどんな様子だったのか。

自民党の総裁である安倍晋三首相が7月7日、参院選の女性候補者の応援のため、JR中野駅北口で街頭演説をした。

Kensuke Seya / BuzzFeed

今回の参院選では7月7日現在、自民党のHPで安倍首相の演説日程を公表していない。

各陣営の関係者や支持者らに別の方法で伝えているとみられる。朝日新聞によると、2017年の衆院選でも抗議活動やヤジを懸念し、一部を公表しなかったといい、今回もそういった理由があるのかもしれない。

そうした中、ネット上ではハッシュタグ「#会いに行ける国難」で、演説情報が急速に拡散。この日も、安倍首相が姿を見せると、怒号が飛び交った。

いったい、演説会場はどんな様子だったのか。BuzzFeed Newsは現場入りした。

演説会は、午後3時半からの予定だった。記者が到着したのは、その1時間ほど前。すでに多くの支持者らが集まっていたが、政権に批判的な人が声を上げたり、プラカードを掲げたりする様子は見られなかった。

Kensuke Seya / BuzzFeed

広告

支援者と見られる人の中には、日の丸を手にした人もいた。混乱が起きないよう、SPや警察官、関係者らが厳重な警戒態勢をとっていた。

Kensuke Seya / BuzzFeed

待機する報道陣も多かった。報道エリアはすし詰め状態だった。そんな中、自民党関係者はマイクを使って、女性候補者よりも安倍首相の名前を連呼。通行人らに演説を聴いてもらうよう呼びかけた。

Kensuke Seya / BuzzFeed

演説会が始まった午後3時半ごろ。関係者らが、順次演説を始める。しかし、安倍首相や女性候補者は姿を見せず、支援者の中にも「これが長いんだよなー」とぼやく人もいた。

Kensuke Seya / BuzzFeed

近くでは「こんな政権本当にもうイヤだ!!」などと書かれたプラカードを掲げる人の姿が目立ち始めた。

Kensuke Seya / BuzzFeed

広告

そして、安倍首相と女性候補者が姿を見せた。会場は拍手と歓声とともに、「安倍辞めろ!」などのコールが湧き上がった。

大声で抗議する人たちをスマートフォンで撮影する人がいた。それに怒った、抗議側の女性がスマホを地面に叩きつけ、画面がこなごなに壊れるという衝突も起きた。その現場に警察官が駆けつけ、双方の話を聞きながら対応にあたった。

Kensuke Seya / BuzzFeed

鳴り止まない「帰れ」や「安倍辞めろ!」コール。その声がある場所では、安倍首相による演説の声がかき消され、何を訴えているのかわからないほどだった。そのため、自民党を支持する人々からは「うっせーんだよ。帰れ」「選挙妨害だ」「聞こえないだろ」といった怒鳴り声も上がった。

政権批判のプラカードを掲げる人々の前に立つ自民陣営の関係者がいた。その手に「がんばれ自民党」「安倍総理を支持します」というプラカードが。報道陣のカメラに、批判のプラカードが写らないようにする効果があるように見えた。

Kensuke Seya / BuzzFeed

広告

こうした状況では、足を止めた場所から動かなければ、自民党や安倍首相に反対する人ばかりがいたようにも見える。しかし、こうした騒ぎから少し距離を置き、街頭演説を静かにじっくりと聴き入る人たちも多かった。

自民党による演説会は最後、ガンバローコールで締めて終わった。政権を批判する人々は「嘘つき」「さっさと帰れ!」と厳しい顔つきで声を上げ続けた。

一方で、多くの支持者らは大きく手を挙げ、笑顔で帰っていった。参院選は、7月21日に投開票される。

Kensuke Seya / BuzzFeed

広告

Share on Facebook Share on Facebook シェアする Share on Pinterest Share on Pinterest Pinterest Pinterest Pinterest Share on Twitter Share on Twitter シェアする Share on VK Share on VK シェアする Share on LINE Share on LINE シェアする More More